概要

Salesforce連携では、Sansanで登録したタグを元に、キャンペーンメンバーを登録することが可能です。ここでは、自動登録の概要や仕組みについてご案内します。

 

キャンペーンメンバー自動登録とは

「Sansan キャンペーンタグ」として設定したタグ情報が付与されたレコード(取引先責任者 もしくは リード)が存在する場合、そのレコードを対象のキャンペーンにキャンペーンメンバーとして自動で登録します。 なお、「(Sansan)次回処理対象_キャンペーンメンバー自動登録」項目にチェックが入っているキャンペーンレコードのみを対象に、自動登録の処理が実行されます。

自動登録処理はキャンペーンを対象に1時間に1回の頻度で実行され、実行時に対象のタグが付与されていた取引先責任者・リードのレコードのみが登録されます。

 

キャンペーンメンバー自動登録が実行される条件

キャンペーンメンバー自動登録機能は、以下の条件を満たすときに実行されます。

  • 「名刺設定」オブジェクトの「キャンペーンメンバー自動登録有効化」にチェックが入っている。
  • 対象キャンペーンの「有効」にチェックが入っている。
  • 対象キャンペーンの「(Sansan)キャンペーンメンバー自動登録対象外 」にチェックが入っていない。
  • 対象キャンペーンの「(Sansan)実行不可_キャンペーンメンバー自動登録」にチェックが入っていない。

 

キャンペーンメンバー自動登録に失敗した場合について

キャンペーンメンバー自動登録処理に3回失敗した場合、該当のキャンペーンレコードについては自動登録の処理を停止いたします。 停止されたレコードは「(Sansan)実行不可_キャンペーンメンバー自動登録」項目にチェックが入り、 同時に「次回処理対象」項目からチェックが外れます。 もう一度該当のレコードを自動登録の対象としたい場合は、「実行不可」フラグのチェックを外し、「次回処理対象」のフラグのチェックを入れてください。

 

キャンペーンメンバー自動登録に関する項目の詳細について

項目名 説明
(Sansan)キャンペーンメンバー自動登録対象外 「このキャンペーンに自動登録をさせたくない」という場合にチェックをいれることで、自動での登録対象外となります。ただし、手動でキャンペーンメンバーへ登録することは可能です。
(Sansan)次回処理対象_キャンペーンメンバー自動登録 Sansanキャンペーンタグを設定したキャンペーン(自動登録の対象キャンペーン)の場合にチェックが入ります。
(Sansan)実行失敗数_キャンペーンメンバー自動登録 自動登録処理に失敗した回数がカウントされます。3回失敗すると、「実行不可」の項目にチェックが入ります。
(Sansan)エラーメッセージ_キャンペーンメンバー自動登録

自動登録処理に失敗したときのエラーメッセージが記載されます。

(Sansan)実行不可_キャンペーンメンバー自動登録

キャンペーンメンバー自動登録に3回失敗したレコードについては、この項目に自動でチェックが入ります。

 

関連ページ

タグをもとにキャンペーンメンバーを登録するための事前設定

タグをもとにキャンペーンメンバーを登録する方法

 

お探しの情報が見つからない場合は以下よりお問い合わせください。