転送先ユーザー設定では、Sansanに登録されているユーザー(名刺所有者)を、Salesforceで登録されているどのSalesforceユーザーへ転送するか指定します。

 

転送されるSansanユーザー(名刺所有者)の条件

転送対象となるのは、Salesforce連携を設定する際に[2. 連携ユーザーを指定]で設定したユーザーから参照できる範囲のSansanユーザー(名刺所有者)です。参照できないユーザは、[転送先ユーザ設定・確認]画面に表示されません。

 

転送先となるSalesforceユーザーの条件

Salesforce連携機能を利用して名刺情報を任意のSalesforceユーザーへ転送するためには、そのユーザーに対して、「名刺」オブジェクトへアクセスできるユーザーライセンスが設定されている必要があります。「Chatter External・Chatter Freeライセンス」のユーザーは転送先として選択できません。Salesforceユーザーライセンスの詳細はこちらをご確認ください。

Salesforceユーザーライセンスに加え、Salesforceユーザーは「名刺」オブジェクトを利用するための権限設定が必要となります。詳しい設定方法についてはこちらをご確認ください。

 

自動紐付けの条件

Salesforce連携の初回設定時に表示される画面では、Sansanに登録されているユーザー(名刺所有者)のメールアドレスとSalesforceで登録されているユーザーのユーザー名を突合させ、自動で転送ユーザマッピングが設定されます。なお、以下のSansanユーザー(名刺所有者)には、Salesforce連携で認証を行ったユーザーが紐付けされます。

  • 「Chatter External・Chatter Freeライセンス」のSalesforceユーザーと一致したユーザー
  • メールアドレスとSalesforceユーザー名が一致せず、自動で紐付けができなかったユーザー
  • Salesforce連携設定を行った後に追加されたユーザー

お探しの情報が見つからない場合は以下よりお問い合わせください。