概要

ここでは、Sansan Data Hubがリッチ情報として付与するカスタム項目(Sansan連携項目)の設定方法とその項目を利用するために必要な権限の付与、オブジェクトへの表示方法についてご案内します。

設定完了後、Salesfoceの各オブジェクトに該当項目のカスタム項目が自動作成され、リッチ情報が書き込まれます。

 

1. Sansan連携項目の設定

2. リッチ項目に対する権限セットの設定

3. Salesforceオブジェクトへリッチ情報を表示させる

 

1. Sansan連携項目の設定

1. Salesforce へシステム管理者でログインし、アプリケーションランチャーで「Sansan連携項目」を検索して、クリックします。

 

2.[取引先]タブを選択します。
※ ここでは、取引先を例として手順を案内しますので、取引先責任者、リードも同様に設定してください。

 

3.カスタム項目として追加したい項目にチェックを入れて、画面左下の[項目の作成・更新を開始]ボタンをクリックします。
※ 各項目の詳細はこちらをご確認ください。

※お客様での設定後、セットアップ完了には24時間程度かかります。セットアップ完了後に順次リッチ情報の書き込みが行われます。

 

2. リッチ項目に対する権限セットの設定

権限セットは下記のユーザに対して設定する必要がございます。

  • リッチ項目を参照するユーザ
  • Salesforce 認証で使用したユーザ

 

※パッケージバージョンが ver1.61 以上のお客様は、Salesforce 認証で使用したユーザに対し初回のみ権限 セットが自動で付与されます。

 

1. Salesforce へシステム管理者でログインし、画面右上の歯車アイコンから、[設定]をクリックします。

 

2. [クイック検索]に「権限セット」と入力し、「権限セット」→ [(Sansan CI) Enrichment Fields Permission]の順でクリックします。

※[(Sansan CI) Enrichment Fields Permission]は「1.Sansan 連携項目の設定」の完了後に作成されます。

 

3. [割り当ての管理] をクリックし、画面遷移後 [割り当てを追加]をクリックします。

 

4. ユーザの一覧が表示されるので、以下のユーザを選択し、[次へ]をクリックします。

  • リッチ項目を参照するユーザ
  • Salesforce 認証で使用したユーザ

 

※パッケージバージョンが ver1.61 以上のお客様は、Salesforce 認証で使用したユーザに対し初回のみ権限 セットが自動で付与されます

Salesforce へインストール済のパッケージバージョン番号の確認方法はこちらです。

 

5. [割り当て]をクリックします。

 

6. [完了] をクリックして保存します。

 

3. Salesforceオブジェクトへリッチ情報を表示させる

こちらに従って、取引先/取引先責任者/リードにリッチ情報が連携されているカスタム項目を表示させます。

お探しの情報が見つからない場合は以下よりお問い合わせください。