リリース内容:

1. 「拠点公開情報」がエンリッチ項目に追加されました(※CSV連携でのサービス提供開始は調整中です)

2. 帝国データバンクの「創業年月」がSalesforceへ連携されました

 

以下では、主なリリース内容に関する詳細をご案内します。

 

注目リリース | 対象:Sansan Data Hub全般

Sansan Data Hub全般に係るリリース内容は以下の通りです。

連携方法 Salesforce連携 Marketo連携 SATORI連携 CSV連携※ API連携
項目追加の有無
 

 

 

1. 「拠点公開情報」がエンリッチ項目に追加されました(※CSV連携でのサービス提供開始は調整中です)

すべての連携方式において、貴社が持つ企業データに対し、その拠点名や住所、電話番号といった拠点の情報が付与されます。

上記の情報は「拠点公開情報」として追加され、事業所ごとのマーケティングや営業活動にご活用いただけます。

※「拠点公開情報」とは…当社が収集した拠点の公開情報。

※現在提供中のSansanCI(拠点)は、お客様がもつ情報の中から最新のものを抽出したものです。今回の拠点公開情報は、Sansan社が独自に収集した情報となります。

 

▼項目イメージ

※画面イメージはSalesforce連携の場合となります。

 

▼関連ページ
連携項目・エクスポート項目の一覧

オブジェクト一覧

 

注目リリース | 対象:Salesforce連携

Salesforce連携に係るリリース内容は以下の通りです。

 

2. 帝国データバンクの「創業年月」がSalesforceへ連携されました

SalesforceのSansan連携設定画面から、「創業年月」を選択して連携できるようになりました。

これにより、周年記念企業へのお祝い送付や、アプローチする際のフィルタ条件としてご活用いただけます。

 

▼項目イメージ

 

▼利用開始手順

※最新パッケージのインストールおよび設定作業が必要です。下記の手順でご対応ください。

※Salesforceにインストール済のパッケージバージョン番号の確認方法はこちらです。

【Sansan_CIパッケージv1.58未満の場合】
①最新のSansan_CIパッケージをインストールする。
Sansan連携項目の設定を行う。

【Sansan_CIパッケージv1.58以上の場合】

①最新のSansan_CIパッケージをインストールする。

②「Sansan連携項目タブ」で項目を選択し「項目の作成・更新を開始」を押して設定を行う。

 

 

関連ページ

帝国データバンク(TDB)項目の対比表

2023年5月 エンリッチ項目をユーザが選択・作成できるようになりました v.1.58

 

お探しの情報が見つからない場合は以下よりお問い合わせください。